法人様向け訪問ボディーケアサービス事業

「健康企業推進プロジェクト」~従業員の「健康」は企業の「健康」~

目的

「健康企業としての価値向上(ホワイト企業に)」

「心と身体のリフレッシュ(ストレスフリーな職場環境に)」

「心と身体の疾病・障害の予防(メンタルヘルス対策に)」

「業務生産性・利益の向上に」

「従業員満足度の向上に」

「医療費の抑制及び軽減に」

「福利厚生費として経費計上も可能」

背景

国民一人ひとりの医療費が増加し、社会的な課題になっています。医療費を加速度的に押し上げている大きな要因は、現代社会特有の慢性疲労症候群(肩凝り・腰痛・姿勢不良等)、メタボリック症候群(高血圧・高脂血症・高血糖等)から起こり得る脳血管障害や糖尿病等の生活習慣病、ストレス過多による心身障害(不安障害・睡眠障害・頭痛・めまい・吐き気・全身倦怠感・冷え・むくみ等)による医療機関への受診者数や受診頻度の増大といわれています。

この医療費を可能な限り抑制するには、従業員のみなさまがこのような疾患や障害を未然に予防出来るように健康に対する意識の向上や知識を持つことが重要だと考えます。そのためには定期的に心と身体をケアし、さまざまな疾患・障害を予防し、免疫力や自然治癒力の向上を図っていかなければなりません。

また、セルフケアや栄養管理、運動指導などにより、内科的疾患(高血圧症・高脂血症・糖尿病・脳血管障害・胃腸障害・眼疾患等)や、外科的疾患(頚椎症・腰椎症・神経障害・変形性関節症・骨折・捻挫等)」などの予防も期待できます。

従業員の健康を大切にするために、こうした疾患や障害の予防対策、さらにストレスやメンタルケアの対策を積極的に講じることは、「健康企業」として貴社のイメージ向上につながるものと考えています。

また、心身とも調和のとれた健康な状態を保持できていれば、仕事に対する集中力やモチベーションが上がり、従業員の個々の生産性向上も期待されます。もちろん、従業員の職場環境の満足度は高まり、帰属意識や愛社精神も強くなり、課題となっている離職率への抑制にもつながります。結果として、貴社の利益向上にも貢献できると考えています。

IT化社会の進展にともなってストレス過多になっており、「健康」が最大のキーワードです。私たちは、従業員のみなさまの「健康」こそが、貴社の「健康」の柱になるものと信じ、心も体も健康になる働き方や生き方を共に考え、サポートしてまいります。

内容

スポーツマッサージ/パートナーストレッチ/関節柔軟性チェック及び運動指導/疲労度チェック

Copyright © Kenko Nippon. All Rights Reserved.